外国人に人気のシェアハウスとは

宿泊先を選ぶ基準の一つである「立地」

何かと時間のない観光。
みなさんも計画通りに観光スポットを訪れることができなかった経験はありませんか?
美術館をはしごしようと思っていたら、一つの場所でたくさん時間を使ってしまったり、
ついつい可愛いお土産ショップで時間が経つのを忘れてしまうことはありますよね。
このような忙しい観光の中で、なるべく宿から観光スポットへの移動時間は減らしたいもの。
そのため、宿を選ぶ基準の一つとしてその場所の利便性を挙げる人は多いでしょう。
ただでさえ慣れない場所なのだから、
便利な場所に泊まりたいのは世界共通の思いだと思います。
それは日本を訪れる外国人観光客にとっても同じでしょう。
同じ価格でも郊外にある広いホテルよりは、
中心地のシェアハウスが良いと思う人も多いと思います。

都心部か地方かで異なる

都心部でシェアハウスの場所を選ぶとしたら、
駅の近くや有名観光スポットの近くなど基準がわかりやすいです。
遅くまでお店で遊んでも、すぐに歩いて帰れるようなところがいいですよね。
また、治安にも気をつけたほうが良いかもしれません。
例えば渋谷といっても、通りが違うだけで雰囲気は大きく異なります。
この辺の情報を見つけるのは大変ですが、レビューを注意深く見てみると良いかもしれません。
一方、田舎のシェアハウスを選ぶときは基準が少し異なるでしょう。
有名観光スポットがないようなところの場合、
窓からの景色や周辺に飲料などを購入できるお店があるかどうかなど、
それぞれのこだわりによって変わってくると思います。
シェアハウスの場所によって、「立地」といっても、基準は異なるのですね。


B!